FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星山小学校5・6年生と「星山みんなの森」で森林学習です!

平成19年6月、星山小学校新校舎の完成を記念し、校舎建築に使用した
町有林の伐採跡地で植林が行われました。
児童、地域住民およそ130人が集まり、1000本の杉の苗が植樹されました。
植樹した苗の中には、児童が平成18年の環境学習の時間にどんぐりを拾って
育てた苗木もありました。

その「星山みんなの森」に星山小学校5・6年生が訪れ、森の大切さを学ぶ
「森林学習」を行いました。
最初に、紫波みらい研究所の会員が講師となり、パネルなどを使った
森の働きを学びました。

CIMG2427.jpg CIMG2434.jpg

その後、平成19年に「星山みんなの森」に先輩方が植樹した木が
今、どうなっているか、実際に見学しました。
杉の木は、すくすくと成長していました。しかし、枝打ちなどの手入れを
しなければならない状態でした。
その現状をみて、児童の皆さんは、みらい研究所へのお礼のお手紙に
次のようなコメントを書いてくれました。

・木は放置していても育つけど、売り物にはならない。お世話する必要がある。
 間伐や下草刈りなどをして森を大切にし、地球温暖化を防ぎたい。
・熊が里に下りてくる理由がわかりました。森がなくなり、動物たちがすみかを
 なくしている。森を育てる手伝いをしたい。
・今までは、森があるときれいだなあというくらいしか思っていなかった。
 森の働きを知った今、きれいに育てれば、動物も豊かに暮らせるとわかった。
 これからは、間伐したり、木を植えたりして、緑の森を大切にしたい。
・「星山みんなの森」がとても荒れていたことがとても心に残った。
 みんなで頑張って変え、役に立ってほしいので、手入れに協力したい。
・今まで木を植えたら、それで終わりだと思っていた。でも、間伐などをしないと
 森は育たないと知りました。手入れをして大切に育ててほしい。
・木ってすごいなあと思った。いつか森の木を使って木工品を作ってみたい。

子どもたちの思いがひしひしと伝わってくる文章でした。
この思いを無駄にすることのないよう、考えていかなければと思っています。

CIMG2439.jpg CIMG2442.jpg
CIMG2449.jpg CIMG2458_20191107152137078.jpg

さあ~、動き出そう!
星山小学校の皆さん、ありがとうございました!

ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         
スポンサーサイト



| 未分類 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiwamirai.blog75.fc2.com/tb.php/482-c7cab9f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT