FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【報告】岩手大学教育学部社会教育課題研究プログラム

5月から行われている岩手大学教育学部の「社会教育課題研究プログラム」への紫波町からの講師派遣ですが、
7月9,10日の1泊2日の日程で、学生が紫波町に出向いての講義が行われました。

9日はサンビレッジ紫波で、紫波町で「企業の森」活動を行っている、TOTO東北販売(株)の宮野さんと、オガールプラザ等の代表岡崎さんの講義が行われました。企業への就職や選択について、学生たちの関心が高い内容で、みなさん真剣に聞いておりました。

CIMG3943.jpg CIMG3948.jpg

夜はラ・フランス温泉館で、講師と学生の交流会。
担当教授の宇佐美先生からのあいさつに続き、講師代表の熊谷紫波町長のあいさつ。
その後は授業では聞くことが出来なかったお話をしながら、交流をしました。

CIMG3956.jpg CIMG3968.jpg
CIMG3973.jpg

10日はラ・フランス温泉館に導入している再生可能エネルギー設備の見学。
その後、恒例となったそば打ち体験をして自分が打ったそばをいただきました。

CIMG3981.jpg CIMG3997.jpg

※岩手大学教育学部「社会教育課題研究」は、学生が社会教育主事資格を得るための必修科目となっています。講義の一環として、地域のさまざまな課題や解決に向けた取り組みに実際に触れ、それに携わる人たちのお話を伺うことにより、少しでも学生に地域認識を深め、現実的な感覚を身につけてほしいという目的で開講されています。
 岩手大学では、平成17年から紫波町が進めている循環型まちづくりや町民が主体となり活動している紫波のまちづくりに着目し、当研究所に非常勤講師の人選を依頼してきました。



ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         
スポンサーサイト



| 岩大・社会教育課題研究 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiwamirai.blog75.fc2.com/tb.php/287-43513724

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT