FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【報告】紫波町には全国から視察の方が訪れています

 まだまだ成長し続けるオガールプロジェクトの取り組みや、5月に開庁した日本最大級の木造庁舎が全国的に注目されている紫波町には、全国から多くの視察の方がいらしています。
 紫波みらい研究所でも紫波町が平成13年から取り組んできた「循環型まちづくり」についての視察を、約半年で昨年1年間の視察件数を上回る受入をしております。
 紫波みらい研究所が対応している内容をご紹介します。

 オガールエリアの地域熱供給施設       間伐材の利活用、木質チップはエネルギー
   「エネルギーステーション」          ステーションやラ・フランス温泉館で使用します
エネルギーステーション チップ工場

 木質ペレットの製造、ペレットボイラーの    ラ・フランス温泉館に導入している
 導入施設には海外からの視察も         排水熱利用ヒートポンプなど
モルドバ共和国 ヒートポンプ

 大学生や高校生も視察に来ています
(平成27年度は岩手大学、福島大学、中央大学、國學院大學、水沢農業高校)

 町産材を使用した公共木造施設         有機資源の循環利活用
 上平沢小学校の音楽室              「えこ3センター」の堆肥製造施設
岩手大学人文社会科学部 水沢農業高校

 役場庁舎前で福島大学岩崎ゼミのみなさん
福島大学岩崎ゼミ

 オガールプロジェクト関連視察 の「循環型まちづくり・環境コース」では
  循環型まちづくり概要説明およびオガールエリア内にある、エネルギーステーション・紫波型エコハウスがご覧いただけます。

  ・ラ・フランス温泉館の再生可能エネルギー施設
  ・木質チップ製造工場
  ・えこ3センター(有機資源・森林資源循環施設)
  ・紫波町産材使用木造公共施設
  上記の見学・視察については紫波みらい研究所へお問い合わせください


ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         
スポンサーサイト



| 視察 | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiwamirai.blog75.fc2.com/tb.php/247-4e0a713f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT