PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学校給食を食べてきました!

 1月22日(水)、全国学校給食週間に合わせて、紫波町内の小中学生たちの給食を作っているセンターを見学、お話を聞き給食を食べてきました。
 
 センターの2階から給食を作っている様子を見学
給食1 給食2

 新井田所長さんから現状をお話しいただきました
給食3
 先生の分も含め、毎日3,200食を作っているそうですが、仕入れから配送まで行っているのは、紫波町だけで、配食業者に委託する町村が多くなってきているようです。
 事前に希望献立を聞いているそうですが、紫波町の子どもたちは地場産の食材を使った和食が好きで、美味しいと好評のためか、残す量も他の町村より少ないようです。
東日本大震災後は、学校に給食を配る前に、教育委員会に届けられた給食を環境マイスター紫波が放射能検査をし、結果は、毎日、紫波町のHPで公表しているそうです。たくさんの人の手で作られている学校給食。これからも安全・安心なものを作り続けてほしいですね。

    本日の給食
   明治時代の給食
給食4

 日本の学校給食は明治22年山形県鶴岡市のお寺の境内に作られた学校ではじまりました。
 その学校ではじめての給食は「塩むすび、塩ざけ、野沢菜のような高菜の漬物」でそれにちなんだ給食です。


岩手県 ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ワン・コイン・セミナー | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiwamirai.blog75.fc2.com/tb.php/142-3437c8b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT