FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

國學院大学里山づくりプロジェクトin片寄地区漆立

8月2日~5日までの4日間、片寄地区漆立公民館を拠点に、今年10年目となる里山づくりプロジェクトを実施しました。

2日の早朝に到着した学生たちは、藤原町長による「循環型まちづくり」についての講話を聴き、間伐の意義を確認。
里山1
里山2 里山3

作業には学生、OB、学校職員、なんと中学生も含む37名が参加。地元や指導も含めると総勢60名。現場は平成9年5月の大火の後、スギを植林しましたが手入れができていない状態。届く範囲での枝を落とし、除伐をしていく作業などを6班に分かれて行いました。
里山4 里山5
里山7 里山8
里山9 里山10 

山がだんだん明るくなってきました
里山11

2日の夜は、地元漆立の方との交流会。
里山12 里山13

2日目、しっかり準備体操をしてから作業開始。
里山14 里山16

地元の方からの差し入れ。いつもありがとうございます。
里山22 里山19

この日の昼食は、日本最古のダムといわれている「大明神堤」で。
里山20 里山21

こんなに明るくなりました。          道具の手入れもしっかりと。
里山23 里山24

朝食はバイキングです。野菜たっぷりで元気が出ます。
里山25 里山26

みなさん、おつかれさまでした。
集合写真 山

最後の朝、公民館長さんが総代を務める神社にお礼をします。
里山29
学生たちは、森林ボランティアや地元住民との作業を通じていろんなことを学び、感じてくれたことでしょう。

漆立公民館で
集合写真 公民館

「循環型まちづくり」施設視察
えこ3センター                 町産材で造られた 虹の保育園
里山31 里山32

平成18、19年に間伐した彦部石ケ森地内の「是信房の墓」周辺を見学。当時参加したOBは、雨が降る中での作業で大変だったことを後輩たちに伝えながら、その後もあじさいなどが植えられている様子を眺め、とても感慨深げでした。
里山33 里山34

オガールのマルシェでお土産やお弁当を買って、東京渋谷の大学まで帰っていきました。
里山35 里山36


「10年やってみよう」と始めた里山づくりプロジェクト。
この10年間で國學院大學のみなさんが紫波町に根付かせた「結い」の思いを 今後、どんなかたちで進めていくのか、転機を迎えています。
スポンサーサイト

| 國學院大學里山プロジェクト | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiwamirai.blog75.fc2.com/tb.php/124-9a4f5605

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT