FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【報告】紫波の森がわたしたちの学校に 見学ツアー

二和 集合写真

9月5日(土)、「紫波の森がわたしたちの学校に 見学ツアー」が、赤沢小、星山小から4組の親子と町内外の一般の方、スタッフ、総勢20名が参加して開催されました。
令和4年4月に開校予定の小中一貫校「紫波東学園」に使われるかもしれない木材を赤沢の町有林から重機を使って伐採している様子、その木材を乾燥させ製材して、集成材に加工するまでの工程を1日がかりで見学してきました。(赤沢⇒滝沢⇒葛巻)

まずはじめに赤沢地区の町有林で伐採作業をしている現場へ。
重機を使って伐採、運搬、そしてチェーンソーで玉切りにし積み上げていきます。
赤沢 重機で作業 赤沢 チェンソー

特別な定規を使って、木材の太さを断面に記していきます。

赤沢 太さを測る

次の見学場所は、滝沢市の(有)二和木材。
運び込まれた木材を乾燥し皮をむいて板状に製材していく工程を見学しました。

二和 皮むき 二和 製材

二和 製材後

最後の見学場所は葛巻町の(有)高吟製材所で集成材に加工する工程を見学させていただきました。
製材した後の板を天日乾燥⇒ボイラー乾燥後に縦継ぎ加工⇒接着剤塗布して集成材になります。
 
女性でも作業できます               ギザギザを入れて縦継ぎします
高吟 集成材 高吟 集成材1

ノリを付けて                     厚さと長さを整え接着剤を塗布して仕上げる
高吟 集成材2 高吟 集成材3


参加者からは新しい学校がどんな木を使って造られるのかを見ることができて良かった。自分たちが学ぶ場所にたくさんの人が関わってくれることを知った。町産木材が使われることで安心感が持てるなどの感想をいただきました。

途中、道の駅2ヶ所で休憩しましたが、私たちのバス以外に観光バスは一台も見ることは出来ませんでした。
まだまだ厳しいな・・・

ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         
スポンサーサイト



| 環境学習 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫波の森がわたしたちの学校に 見学ツアー

令和4年4月開校予定の「紫波東学園」に使用する町産木材の伐採から加工までを見学するツアーを企画しました。
一応、東部の小学生5、6年生とその保護者を対象としていますが、若干一般の方の参加も可能です。
興味のある方、いかがでしょうか?

募集チラシ(写真データ)


ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         

| 環境学習 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成の森 下草刈り

IMG_2069.jpg

今日は平成の森の下草刈り作業。
7月11日の予定でしたが、荒天のため1週延期となりましたが、町内建設業のボランティアの皆さんも日程の調整をしていただき26名が参加して行われました。

はじめに、山王海土地改良区の高橋理事長から、作業参加へのお礼と最近豪雨災害によるダムの対応についてお話がありました。
CIMG3075.jpg CIMG3073.jpg

作業は昨年まで植樹した木の周辺を手鎌で刈ってから刈払い機で整備します。
草は人の丈ほども伸びていました。

IMG_2072.jpg IMG_2083.jpg

IMG_2087.jpg

作業は1時間ほどで終了。
おかげさまでこんなにきれいに、見通しも良くなりました。

IMG_2093.jpg

おまけで、イノシシの蒐場とクマが木に登って曲げてしまった枝です。
CIMG3059.jpg IMG_2084.jpg

余談ですが。今日は平成の森に一番乗りだったので、平成の森の手前では目の前をイノシシが横断。平成の森ではニホンカモシカの子どもが横断。帰りにはけやき学園の前でオスのキジがやはり道路を横断。
紫波の道を走るみなさん、動物たちの横断に注意しましょう!

ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         

| 平成の森・親子ふれあい研修 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供会行事でマイバック作り

今日は日詰地区の子供会で「マイバック作り」を体験してもらいました。

はじめに、レジ袋やプラスチックごみによる動物たちへの被害についてお話しました。
ビニール袋を食べたクジラなど海の生き物が死んでいること、
奈良公園の死んだ鹿からも3kg以上のビニール袋の塊が出てきたこと。
そして、レジ袋を使わない取り組みが日本は遅れていることを少しだけ聞いてもらいました。

そしてマイバック作り(エコバック)
布用のクレヨンで絵を描きます
CIMG2603.jpg CIMG2613.jpg

CIMG2615.jpg CIMG2617.jpg

描き終わったらあて布をして高温のアイロンでクレヨンを布に定着させます

CIMG2610.jpg CIMG2619_20191214114734991.jpg

みなさん、自分だけのすてきなマイバックが出来上がりました。
お母さんと一緒に買い物に行くときは、「レジ袋はいりません」と言ってマイバックを使ってくださいね。

CIMG2622.jpg

紫波みらい研究所では環境学習プログラムとして、マイバック作り体験やコネコネマイ石けん作り体験を行っています。

ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         

| 環境学習 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回山王海ダム“湖と森のふれあい研修”動物と共生する森を創ろう!

第17回山王海ダム“湖と森のふれあい研修”~動物と共生する森を創ろう!~が
令和元年9月29日(日)に開催されました。
台風の影響で、昨年に引き続き、雨模様の中の開催となりましたが、
みなさん、元気に参加してくださいました。

山王海ダム管理棟に着き、ダムの施設見学を行いました。
IMG_0682_2.jpg
山王海土地改良区からダムの説明です。
IMGP1315.jpg  IMGP1347.jpg
IMGP1354.jpg IMGP1374.jpg
IMGP1353.jpg IMGP1401.jpg

昼食はおいしい、おいしいダムカレーです。おかわりした人もいましたよ~!
山王海ダムと葛丸ダムの親子ダムがみごとに表現されています。
人参の魚はクジラ(?)のようで、おもしろい・・・!
IMGP1420_201910031111084fd.jpg

昼食後は、山王海ダムの西側にある「平成の森(町有林)」で植樹の予定でしたが、
雨が強くなり、散策と栗拾いを行いました。
平成の森は、「木の実は動物に 用材は人に」を合言葉に、平成14年から
中学生や親子を中心に植樹が行われてきた場所です。
数年前から、栗がたわわに実って、熊が食べたあとがあり、みんなで喜んでいました。
今年は、最近作られた熊棚があり、大興奮です。
※熊棚とは・・・ツキノワグマがクリやドングリの実が多い木を選んで登って餌を食べるために
       枝を折った跡である。 樹上で枝を折ってはたぐりよせて食べるために、
      折れた枝の塊が座布団のように棚状にできることをいいます。
IMGP1438.jpg IMGP1435.jpg

熊が登った爪痕が残っています。なまなましいです!
IMG_0691.jpg IMGP1445.jpg
大量に食べたあと!器用にイガを取り、皮をむいて食べていますね!
IMG_0687_17.jpg IMG_0689.jpg
動物のフンが残されていました。色々な動物が暮らしている自然豊かな森です。
おじゃましました!!うるさくしてごめんね!
IMGP1462.jpg

ダム管理棟に戻り、森と水のお話、山王海ダム周辺の木の実などの話を聞きました。
IMGP1466.jpg IMGP1491.jpg

その後は、ダム施設見学後に行ったダムクイズの表彰です。
とてもむずかしかったそうなので、上位の人はとても優秀です。
IMGP1499.jpg IMGP1501.jpg IMGP1504.jpg IMGP1515.jpg

帰るころ、西の空に陽がさしてきました。植樹はできませんでしたが、スタッフが
責任をもって、皆さんの代わりに植えてきましたよ~!
山王海ダム周辺はこれから紅葉を迎えます。
機会があれば、見に行ってください。そして、来年もぜひ、参加してくださいね!
IMGP1496.jpg IMGP1412.jpg

雨模様のなか、参加してくださったみなさん!ありがとうございました!
IMG_0703_17_2.jpg

ご覧いただけましたら ↓ここをクリックお願いします
         

| 平成の森・親子ふれあい研修 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT