fc2ブログ

≫ EDIT

令和の森をクヌギの森に!

参加者募集中!

企業の森地域パートナーシップ支援センターチラシ

ご覧いただけましたら ここ⇒をクリックお願いします
スポンサーサイト



| 企業の森活動 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

環境探検隊 in 平成の森

参加者募集中!

環境探検隊 平成の森1007
ご覧いただけましたら ここ⇒をクリックお願いします

| 環境探検隊 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山仕事教室9月開講です!

2023年9月3日(日)1か月ぶりの開講です。
9月に入っても暑い日が続いています。
今回の講座は、林分調査から始まりました。
14962_0.jpg 14963_0.jpg

14964_0.jpg 14969_0.jpg

DSC_0794.jpg DSC_0795.jpg

森林の木は植樹すればそれで終わりではありません。
植樹してから木の成長に伴い、良い混み具合を調整していきます。
その時の本数を「適正本数」と言い、木の高さでそれぞれ決まっていきます。
その林にあった「適正本数」を計算し、間伐する本数を決めていきます。
皆さん、熱心に講師の話を聞き、ふだんはチェーンソーを持っているところを
ペンに置き換え、計算していました。
午後は、林に入り、伐倒です。
今回の林は、枯れた木が多いので、その伐倒です。
枯れた木と一言で言っても伐倒するためには、中のどのあたりまで枯れているのか、
どの高さぐらいまで枯れているのか見極めなければなりません。
その辺がむずかしいところです。皆さん、経験を積んでいきます。
14965_0.jpg 14966_0.jpg

そして、ロープをかけての伐倒の方法も学びました。
DSC_0805.jpg DSC_0806.jpg

暑い中、お疲れさまです。
次回は、17日ですが、涼しくなっていることを願います。

HORIZON_0002_BURST20230903140117108.jpg HORIZON_0002_BURST20230903140208213.jpg

木にツルが巻き付いています。ただ、巻き付いているのではなく、ツルから
ところどころひげのような触手が出て、木にくっついていく様子がうかがえました。
何でも「命」ってすごいなあと思った瞬間でした。

お疲れさまでした。


ご覧いただけましたら ここ⇒をクリックお願いします⇒  

| 森林整備技術講習会 | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月16日山仕事教室開校日です!

7月16日(日)、予報どおりの雨となりました。
前もって公民館を借りていたので、そちらに移動です。
最初は、林業アカデミーや伐木・玉切りの仕方のDVDを鑑賞。
その後、受け口・追い口の方法を学びました。
DSC_0761.jpg DSC_0767.jpg

DSC_0759.jpg DSC_0763.jpg

午後は、ロープワークとハンドウィンチの勉強です。
DSC_0769.jpg DSC_0770.jpg

雨の中、有意義な教室となりました。
皆さん、お疲れさまでした。
8月はお休みし、9月3日からの開講となります。
8月はゆっくりお休みください。

ご覧いただけましたら ここ⇒をクリックお願いします⇒  

| 森林整備技術講習会 | 11:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山仕事教室7月2日開催!

2023年7月2日(日)教室開催日。 本日の予報では、30度越えということなので、注意喚起。 いわて森林再生研究会の講師2人に加え、Fさんも参加。 まずは、基本のチェーンソーの構えからです。 その後、3班に分かれ、伐倒の実技です。 3班が向かった伐倒場所は、枯れ木が多かったので 枯れ木の伐倒方法を学びました。 受け・追い口を作る部分が枯れた木は、芯がどのくらい残っているか 確認する必要があるので、その部分を道具を使い、削ります。 また、枯れた木はそうでない木より心配の要素が多いので、 安全のためにより注意が必要ということを学びました。  

DSC_0727.jpg

枯れた木は、水分があるかないかも確認するため、たたいてみる。 

DSC_0725.jpg 

枯れた木の伐倒方法を学びました。 より難しいように感じましたが、基本は一緒ということで基本が大切です。

ロープワークも2年目の人たちは復習です。
DSC_0723.jpg
 
DSC_0722.jpg 

 講師のSさんは、最後に、「初心者でも枯れ木を倒しました。 その理由は、ほかの木を伐るためには、あぶない枯れ木を 伐る必要があったから。状況を見極めて対応してくださいと。 ロープをかけて伐ったが、ロープのかけ方も平行して学んでもらった。 本日、この場所で学んだことは、テキストにも書いてあるので、 必ず、復習のためにテキストを開いてほしいです」と、 教室で学んでもらったことをまとめてくださいました。
 予報では暑くなるということでしたが、林の中に入ると 風が心地よく、暑さを感じない日でした。 次回はもっと暑さを感じる時期になるので個々の対処も必要です。 伐倒場所に水分補給するためのものを持参してほしいと思います。

 次回は、7月16日(日)です。 よろしくお願いします。

ご覧いただけましたら ここ⇒をクリックお願いします⇒  

| 森林整備技術講習会 | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT